マリエ、インスタ動画、芸能ヤクザ社会にMe Too爆弾か、それとも“沈黙”か?

マリエのインスタ動画告発、島田紳助の行状で憶えていること

4月4日のマリエのインスタ告白動画が話題だ。
島田紳助の楽屋に挨拶に行かなかったことで、紳助に呼び出された。
部屋に行くと、芸人やグラドルなどがズラリ円陣。
その場でセックスを迫られ、それを拒否したところ、出川哲朗ややるせなすはそれを止めることなくすすめる始末。
16年前、島田紳助の行状は噂になっていたのは覚えている。
島田紳助のやりたい放題は、テレビが放置してきたということがある。
とくに印象に残っているのは、フジテレビのお笑い番組で、当時愛人関係の噂になっていたアイドルタレントといっしょにプライベートとおぼしき部屋から中継して、そのアイドルタレントの首筋を島田紳助が舐めたシーンだ。あれはゾクッとした。
そんなことがゴールデンタイムに許されていたのである。

消えてゆくマリエ告発のオンライン記事の空恐ろしさ

すでにいろいろな反応がでているが、私の感想にもっとも近いのが、へライザー総統のYou Tube動画だった。

ヘキサゴンファミリー、権力にすり寄る取り巻き連中と傍若無人な親分の芸能サークル

ヤフー・ニュースやサンスポのオンラインでも取り扱っていたが、あっという間に削除されてしまった。おそらく訴訟前提か不利益行使のおどしが入ったのだろう。
他の動画では舌鋒鋭い大川隆法の息子、宏洋(ひろし)も、同じ芸能関係ということでこの話題は極めてゆるい対応。一般論で濁している。

ひろし、ひろし、こんな美味しいネタ、マコなり社長ぐらい食らいつけよ〜、なにか?同じ穴の狢か?そういえば嫁さんになるはずだった清水富美加もマリエと同じ事務所だってね。知りすぎていてここまでがせいいっぱいだよね。

いまは影響の及ばないYouTuberやオンラインメディアでの2次的な記事が少しずつ増えつつある。

島田紳助氏の「枕営業強要疑惑」マリエに続いて告発しそうな“被害女性”の実名


マリエ、島田紳助からの“枕の誘い”暴露で出川哲朗にも批判が飛び火! 「見損なった」「イメージ悪すぎる」の声

マリエ“強要告白”と様変わりする芸能界の枕営業の実態

拡散の原動力になったのは、滝沢ガレソのツイッターだ。マリエ爆弾の反響とその後の展開も含めて、ここをフォローすればだいたいの経緯がわかる。


https://twitter.com/takigare3

ヤクザ社の掟を破った者には報復がある。そこには沈黙しかないのか?

芸能界の枕営業(営業はしていないので、枕強要か?)というのは、よく話題になり、実際にあるのだろうなというのは常識みたいにされているが、ここまでの当事者暴露は初めてだろう。
当時の芸能事務所とその界隈はヤクザ社会だというのがわかる。
しかし、その後のマスメディアの反応や芸能人の反応を見ていると、それはまったく変わっていないようだ。
加藤浩次のよしもととの契約解除なども、そうした力学の所産ではないだろうか。もともとセレブのマリエが始めたアメリカのme too運動が、日本の芸能界でも広がっていくのか、あるいはすぼんで、加藤浩次や一連の独立よしもと芸人の厳しい現状のようになるのか。
恐怖の感染と同調圧力によって、沈黙が支配してしまうとしたら、酔ったいきおいのマリエの告発は愚かだということにされかねない。

そしてマリエの動画である。なぜか埋め込めないので、リンクを置いてく。

https://www.youtube.com/watch?v=SpV5FhNtvTM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。