マレーシア、きつすぎる活動制限令が2月18日まで延長。春節での大量の中国人流入をストップしたいという思惑?そして日本も。

マレーシアの活動制限令(MCO=Movement Control Order)が、またまた延長されました。
第3波がまったく終息しないためです。
そもそも毎日の気温が30度近くの熱帯で、どうしてコロナがそんなに蔓延するのでしょうか?
しかももう昨年の3月以来、他国に比べて極めて厳しい対応を継続してきたにもかかわらず、毎日5000人オーバー(2月2日は4000人に落ちましたが)という体たらく。
なにしろ人口3000万人の国ですから、日本と比べると3倍近い多さといえます。
いま私はペナンのホテルに滞在していますが、プールは入れないし、朝食を食べるのにもレストランはやっていないしで、外の屋台に買いに行くか、ルームサービスをたのむしかありません。
これではクアラルンプールでがまんした10日間連続のホテルの隔離とあまり変わりがありません。
当初4日に予定されていた解禁もあっさりと反故にされました。
一体どこまで恐れているのかということと、これだけやっても効果ないって、たぶんどこかが間抜けなのだと思います。

活動制限例違反を検問中。10キロ以上の移動には、警察署の許可証が必要です。マレーシアのコロナ対策は信じられない厳しさです。
HIS Mobile

だいたい、車で食品と生活必需品の買い物などで一家で2人以上で行動するなとか、10キロ以上の移動は禁止とか、州またぎの移動は禁止とか、国内線とホテルの予約をもう3回も変えてみて、つかれ果てました。
その上、これでもかというように、罰則を強化するとかいい出す始末。
よくこれで国民が怒り出さないものだと、マレーシア人のおだやかな気質に感服しています。日本でうさんくさい経済評論家(?)とか、どこかの国立大学の教員YouTuberが声高に政権批判をしていますが、もうあの手の阿鼻叫喚、政府絵の呪詛の大合唱になってしまうレベルなのです。
とにかく道路でも本当に検問をしていたのにはびっくりします。これだけ厳密にやって聞かないのだから原因はべつにありなのではないでしょうか?

転職できるくん

ところがこの延期には裏がなきにしもあらずだというのです。
人口の第2位を誇る中華系の住民ですが、2月といえば春節。ちょうどこの時期に大量に中国人が押しかけたらどうなるでしょうか?あるいは春節で浮かれた国内の中国人が活性化したらどうなるでしょうか?
感染爆発に拍車がかかるのは火を見るより明らかです。
春節をさけるために延長したというのはさもありなんと思います。
それと呼応するかのように、わが日本も東京の感染者が500人を切ったにもかかわらず、緊急事態宣言3月7日までの延長となりました。
これは昨年の反省を踏まえてのことだと思います。日本にコロナが持ち込まれたのは、紛れもなく春節で来日した中国人団体客のせいです。
ここにきて、先日若手から引退を勧告された二階自民党幹事長ですが、そこにSHKが二階降ろしが始動、との報道がありました。
菅首相は、しれ〜っと緊急事態宣言を延長しましたが、Gotoと春節という中国人・観光客の動員という力の源を断ち切って、二階に意趣返しする意図がみえみえです。
最近、二階に冷たくあしらわれていたということが報道されていますが、事実そうなのでしょう。
人気が落ちて苦境に陥る菅首相を見限って冷たくして脅しをかけていたら、その菅首相はあっさりと寝返っていたという構図です。
まったく政治の世界というのは気が抜けません。

【資料請求】不動産投資 プロパティエージェント

あ、それからYouTuberのIT評論家の女性のいうことがおかしくなってきました。二階をまつりあげて、菅首相を批判しています。台湾の批判もしています。
彼女の兄は中国人と結婚して中国に住んでいるということです。
なにか取り込まれているのかもしれません。
斬新そうに見えたり、他人を思いっきり批判していたりする人は、ちょっとリテラシーを効かせて、近づかないのが身のためです。
会ったこともないのに、ユーチューブに説得されて、何かを信じるというのは本当におろかで危険なことです。
すべての声高な人、すべての政治家、新興宗教の隠れ蓑の甘くて心地の良い世界観、すべてのお金をとってオンラインサロンを開いている人を信じる者は救われません。
ただ利害関係なくそうした阿鼻叫喚を眺めているのは、ちょっと暇つぶしにはなります。
それ以上でも以下でもありません。
ワクチンでコロナが終息したときに、どんな景色になっているのか、マレーシアの政治家が示したように、半径10km以外に近づいてはいけない世の中になっているのかもしれません。
菅首相はもっと評価されてもいいのではないかと、マレーシアから見るとそう思います。

出前館 配達パートナー募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。