菅義偉首相は総理大臣役を演じるのが恥ずかしいのだろう。だが、歴史は大嘘でも大義を語らなければならい時がある。

1月11日にクアラルンプールからペナンに移動しました。クアラルンプールのWiFi事情が劣悪で、アップできない状態が続いていました。
ペナンに着いたら、予約した安ホテルは快適なWiFiを備えていて、安心しました。
YouTubeも満足に動かず、スターバックスなどに行っても複数同時利用のせいか、WiFiの状態は芳しくないものでした。
ただ、私が通っていたスターバックスはロイヤルセランゴールというマレーシアの有名な錫の装飾品ブランドとのコラボでタンブラーやボトルを売っていました。これがロイヤルを意味するRがあしらわれていてかっこいいです。
ただRだと、楽天関係かなと誤解を受けそうですが、黒光りするタンブラーは、ちょっと珍しいですし高級感があります。
値段もそれなりですが。3000円ぐらいです。

ロイヤルセレンゴールとスターバックスのコラボのタンブラー。かっこいい。Rがロイヤルを意味視してる。

何かにつけゆるくて優しい国という私のイメージのマレーシアですが、とにかくコロナに関しては徹底して感染対策をしています。
日本も感染爆発で飲食店の営業時間を午後8時までとするしないでもめていますが、マレーシアはそんなレベルではありません。
やはりイスラム的戒律が回るという感じなのでしょうか、有無を言わさず営業停止です。以前訪れたことのあるお店や観光地は軒並み半年以上閉鎖された残骸の跡となっており、実質潰れてしまいました。
クアラルンプールもそれなりに楽しい街だったのですが、いまはブキッビッタンのパビリオン周辺ぐらいしか人出が見られません。

パビリオンの正月の装飾。華やかさのなかに閑あり。

クアラルンプールにいても楽しくないので、ペナン島行きを心待ちにしていました。
そこで11日にペナン島に移動しました。飛行機、列車、バスと3通りの行き方がありますが、私はあえてバスを選びました。
今回の旅のテーマは、次回来たときにどこに長期住むか?、マレーシアのコンドミニアムってどんなレベルなのか?みたいなことを考えていたのですが、コロナがこの状態ではあと2年ぐらいは回復しないだろうなと実感しました。
それなら食べ物が美味しくて、南国のメリットを享受できるペナンの方が楽しそうと思って、心待ちにしていたのです。

さて、早朝の冷房効きすぎバスでペナンに到着した私は、ホテルにチェックインしてすぐ、身体の冷えを中華料理と紹興酒かなんかで温めようと思い、Googleマップのレコメンドの中華料理店をめざしました。
ところが様子が変です。マップ上では営業中と書いてあるにもかかわらず、全く営業していません。それどころか潰れているようです。
だんだんわかってきたのは、クアラルンプールの飲食店か、それ以上に軒並み閉店しているペナンの状況です。
ガイドブックに載っていたり、ホテルで渡されるガイドマップも有名無実化しているため使い物になりません。

そこにさらに厳しい規制開始のニュースが飛び込んできました。ここまでの措置をしてもマレーシアも第3波で急激に陽性者が増えています。1日3000人ほどですが、人口3000万人の国なので、日本より感染状況は深刻かもしれません。
そこに11日、私がペナンに到着した日に首相が国民に向かってテレビで新しい2週間の行動規制を宣言しました。
州をまたぐ移動の禁止、2人以上で出かけることの禁止、飲食店の営業禁止、半径10キロ以上の移動禁止、しかもそれぞれに罰金付きなのです。
マレーシアも消費経済はガタガタです。でも菅政権と違って好感を持ったのは、首相がこの厳しい決断を国民に直接語りかけ、断固として実行に移すことを決断していることです。
はっきり言って、日本にいる方がいまはマレーシアにいるより天国です。
でも首相が経済よりも優先して国民の健康を守るという決断をして、責任を明確に引き受けている姿に感銘を受けました。たとえその動機が自らの政治基盤が弱いから選挙を避ける意図でのものだったとしても、政治決断のきれいごとは歴史的時間の中では必要なことだと思います。
政治家というのは本来そういうものではないのでしょうか?我が菅義偉首相は、政治の実務面ばかりに目を配り、本音こそ大事で、役者としての政治家を恥ずかしいと思っていることがみえみえです。しかし政治は歌舞伎と同じで見得の世界の出来事です。
日本のマスコミも政局とかなんとか、どうでもいいことばかり垂れ流して、政治家の信念を問うような報道はまったくありません。
なんか型にはまった左翼っぽい批評になってしまいましたが、マレーシアの首相のテレビ演説は、言葉はわからないのですが、しっかり政治家として仕事をしていることがわかることでうらやましくなりました。
旅としては全然楽しくないのですが、それでも政治というものの風景を改めて確認できたことは意義のあることでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。