クアラルンプール、隔離の作法。MysafeTravel、私の選択の失敗

向かいの高級ホテルのプールに役人のような制服のひとが溜まっていたと思ったら、どうもプールが閉鎖になったようだ。

COVIT-19、隔離5日間が過ぎて、ようやく折返しとなりました。
私はプレミアムグレードの隔離を選択したのですが、事前にしっかり確認しなかったことが悔やまれます。
なぜかというと、およそ倍の値段を払っているのに、実は通常のグレードよりもホテルの内容がひどかったというのが判明したからです。
例えばこの方、適当に割り振られたホテルに滞在されているのですが、うらやましくなるほど快適そうです。

この方は当たりでしょうね。

違いといえば、
こちらにはバスタブがある → 私の部屋はシャワーのみ
レギュラーコーヒーのセットがある → インスタントコーヒーの個包装
カトラリーが金属 → スプーンとフォークのみ、プラスチック
信じられないことです。
これだけでだいぶ快適さに差がつきます。
というより倍の金払ってるのに、それよりひどいってどゆこと?
やはり真実は自分で検証しないといけないですね。
そんなに日頃の行いが悪かったのでしょうか?MM2Hで目的もなく再入国しようとしたバツでしょうか?
真実の検証、それを怠った報い、教訓です。

というわけでこれから隔離生活に入る方、最上級のホテル滞在というお金持ちの方以外、MysafeTravelの選択でプレミアムを選ぶのはおすすめしません。
せめてYouTubeで「マレーシア隔離生活」などと検索してみてください。
たくさんの人が投稿してくれてます。
だいたいレベルが分かります。東京のビジネスホテルの倍ぐらいの広さはどんなところもありそうです。
食事は事前にそんなものかと思えばなんてことはありません。いざとなったらGRABで出前を頼むことができるのは共通のようです。
もちろんホテルやエリアで当たり外れはあるかもしれませんが。

私は部屋の中にこもりきりなのだから少しでも快適にとプレミアムを選んだものの、中身はレギュラーと変わらなかったです。
あ、違いはたぶん、メルセデスのEクラスで一人だけの送迎だったことでしょうか?それから食事の際にメニュー選択ができて、最初からその料金が含まれているということでしょうか?
でも、これも政府指定のレギュラーでじゅうぶんだというのがわかりました。
それらのメニューがやはり日本から来た私にはちょっとあれかな?と思ったからです。
むしろ屋台飯のようなチャーハンとかビリヤニなどのほうが美味しく感じます。
ステーキはちょっとないなと思いました。トムヤンクンは怖くてたのんでいません。
数日前、調理した生ソーセージが出てきたのですが、おいしくて豚肉のソーセージにしか思えません。
イスラムなのでラム肉かなにかでつくっているのでしょうか?
イスラムといえば、ルームサービスでアルコールはたのめません。
お酒が免税店で買ってきたシングルモルトのウイスキーしかないので、どうも食事に合わずこまったものです。
ビンが割れるのが怖いので、スーツケースには酒は入れてきませんでしたが、パック入りのワインをもってくればよかったと思いました。

そんなわけで他の方のYouTubeをみてしまったばかりに、プレミアムでぼられていることに気づいてしまいました。
昨日まで幸せに感じていたのが嘘のようで、やはり比較というのは不幸の始まりですね。でもそんなことを不幸だと思うのがむしろ不幸かもしれないなという思いが、一方ではあります。
私があげつらったことなどどうでもいいことです。
マレーシアは国としては受けれ入れたくもないのに、外国人の私をおおらかに受け入れてくれて、そのためにたくさんの人が動いてくれています。
日本人的神経症で怒りをもつのは、スーパーの店頭で怒鳴っているボケ老人と変わらないですよね。

そこでこれから隔離生活に入る方に、私が思ったこんなものを用意しておくといいかなというのを書いておきますね(男性の場合)。
1.洗濯石鹸 → クリーニングは高いです。Tシャツとパンツぐらいなら自分で洗ったほうがいいかなと。私はホテルからルームサービスしてもらいましたが、いまいち落ちがよくないような。
2.使い捨てのキッチンダスター → テーブルを拭いたりするのに手頃なものがありません。このホテルはハンドタオルも置いていなくて(ほんとにプレミア?笑)、バスタオルでテーブルを拭くのは手間です。
3.アルコールティッシュ → 食事のときの汚れをさっと拭くために、わりと大量にあるとよかったと思いました。
4.カトラリー → 箸を持ってくればと思いました。金属製のカトラリーもあるとよかった。

5.調味料 → もってきてよかったのは、直前にセブン-イレブンで買った味付け調味料です。味噌汁や雑炊なども、到着が夜になるとなにも調達できなくなるので、あるといいですが、日々の食事で、醤油、マヨネーズなどももってきました。個包装のドレッシング(常温)などもあるといいと思います。私はにんにくベースの調味料が、チャーハンなどで活躍しています。白だしにするか迷ったのですが、白だしに合うメニューはありませんでしたので、結果オーライです。
6.はさみ+カッター → 間違って機内持ち込み荷物の方に入れていたので没収されてしまいました。入れるならスーツケースです(笑)。
7.乾電池 → 単3、単4をワンセットぐらい。テレビのリモコンが動かなくなり乾電池をたのんだところ、単4在庫切れでした。テレビでNHKが見ることができます(パソコンやスマホがあれば、そんなにテレビの必要性は感じませんが)。
8.室内運動の用意(必要なら) → ここでの食事を3食食べていたら、数日でお腹が出てきました。室内運動は意識的にしないと身体にきます。座っているか寝ているかだけなので、どうも腰の調子がおかしいです。  

9.食器洗剤+食器洗いスポンジ → なんといってもこれが重要でした!とにかく食器の使い回しがつらいです。これはいちばん気づかない盲点でした。

とにかく事前情報収集が大事だということ。まだ1週間弱ですが、だいぶ慣れてきてきました。日本でもここ数ヶ月はほとんど家にブラブラの生活でしたので、食事以外は隔離生活がつらいということはあまりありません。
クリスマスには晴れて解放となりましたので、KLCC中心部のショッピングセンター見物にでも行ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。