福田萌子と竹花貴樹のメンタリティ、似てない(笑)?

やっぱりナインティナインでは物足りなかったのか、YouTubeでは藤森慎吾を登場させていた!

バチェロレッテの結末は、上島竜兵に似た出演者からの涙の抱擁で終わった。健気ないい話として。
竹花貴樹(敬称略だよ。以下同じだよ、誰に対しても)は依然として炎上している。ロイヤルティが極めて高く、竹花擁護をしていたMUP生ユーチューバーまで突如反旗を翻し、MUPを辞めると宣言した。まだまだ何が出てくるかわからない。
ユーチューバー弁護士が、竹花貴樹の顧問弁護士が辞任したという情報を出していた。法律事務所及び弁護士名であんな強気な意見書を出していたのに、その根拠が全く出鱈目では、大阪の大ファームとしては大問題だろうね(笑)。
本来どんな状況であろうと、受託したからには継続するのが倫理のような気がするが、まあ虚偽報告があったというていで逃げたのかな。
虚偽事実を本職でさえ見抜けないのだから、飲食店や美容関係の経営者が多いと思われるMUP生が見抜けないのも当然という気がする。
そして、竹花貴樹はここ数日、何もなかったかのように平然とyoutubeを連投している。事実を知ったいまとなっては見るに耐えないが、とにかくMUP生をつなぎとめることに照準を当てているのだろう。

新日本エネルギー

一方の福田萌子は、誰も選ばないことを、私の誠実さだと平然と言ってのける。
番組のスタート当初は感心するところもあったが、この人の言動におかしなところが混じってきたのを感じていた。他者と関わり、他者を大いに失望させた上に、さらに平然と切って捨てる。それは、他者への共感や心情への想像力が完全に欠如していることを連想させる。選択のみが重要で、相手がどう思おうと本音では関心がないようだ。
だが一応、画面を通して誠実に見えるパターンを完璧に演じることで(だからプレゼンテーション)、最高の自己演出につなげたい計算はしている。そんなふうに見えて仕方がなかった。
福田萌子の駆動力は、おそらく野望であろう。メディアのスターになり、時代のアイコンに躍り出たい。その先に富豪と結婚してみんながひれ伏すことを本気でめざすような類の野望である。すでに言葉遣いは皇室関係者かと思うレベルである(笑)。
共感が欠如している上に、下手にくっついては成長が止まってしまう。はなから番組でパートナーを選ぶ気などなかったのではないかと私は確信している。
自己プレゼンテーションの巧みさの裏にあるのは、拡張された自己愛と自己宣伝だけだったとすると、10時間の試聴は時間の無駄だった。そもそも彼女のインスタグラムは、どこの大スターかと見紛う絢爛な衣装を纏った自分写真のオンパレードで、ちょっと気味が悪いと感じていた(あくまでも個人的な感想です)。

C mobile

一方、竹花貴樹は、あれだけ他者をディスりまくっておいて、逆襲に遭って失墜したいまも、詫びるということがない。
詫びると負けである。なぜなら全然悪くないと心底思っているからである。
この心象は、ホリエモン、そしていま大統領選の結果待ちで情勢が芳しくないトランプなどとも共通している。
自信に根拠はそもそもない。むしろ自信と根拠を結びつける発想そのものがないのであろう。最初から他者の思惑や評判など眼中にないのである。
これは他者の目を気にして、他者の言動で傷つく毎日を送っている人にはまったく理解できない心象である。理解できないからプレゼンテーションで誤解し、操られてしまう。そういう操作を意図的にできるという能力の高さにおいて、彼らはサイコパス的である。

スマホの結婚相談所【naco-do】

バチェロレッテについては、正直、司会者がいまいちだと最初から感じていた。いままで今田耕司、藤森慎吾、そして指原莉乃が最高だった。個人的な感想だが、今回はコメントのキレが悪い。ナインティナインはちょっとこれから厳しいのではないだろうかと心配になる。
福田萌子の母親が出てきた。だが、父親は出てこない。相当の資産家のお嬢さんという触れ込みだが、家や資産の程度は隠されたままだ。
一方、挑戦者の男性たちは自宅に福田萌子を招き、両親や兄弟まで登場する。この非対称性がまかり通ってしまったことも、大富豪のお嬢様という触れ込みの福田萌子が本当にその通りの人物なのかという疑問になる。
番組がその裏取りをした上でバチェロレッテの選定に及んだことを期待する。なにせ竹花貴樹炎上のタイミングなだけに。
私は本命はローズだったと思う。トイストーリーに出てきそうなあのキャラクターを先に落としたのは、番組のエンディングを予感させていた。最後に残した二人を落としても視聴者に受け入れられると見越しての選定だと思うからだ。しかし上島竜兵に「男として見られない」って直接言うか(笑)?そういところがいかにもサイコパスなんだよね。
バチェラー3と同じように、ローズと福田萌子が内通していても、私は驚かない(笑)。
まあ苦労をすっ飛ばして有名になる道筋をうまく取り込んでいるプレゼンテーションには、竹花貴樹も福田萌子も実に巧みな技を見せていた。

スマホの結婚相談所【naco-do】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。