散歩にaudibleは最高だ!

リタイア後、散歩が習慣になった。だいたい毎日、1時間ぐらい歩いている。当初海外移住に備えて、英語の音声を訊いていた。だんだん飽きて英語が苦痛に。音楽も若者のころのようには没頭できない。そこでaudibleに手を出した。

audibleはサブスクで月1500円。無料期間が1か月。月ごとに1コイン支給され、どれでも好きな本(音声)を選ぶことができる。1冊以上は個別料金。最初、性懲りもなく英語の音声を選んでしまう。そもそも音声入力の手間があるので、最新の書籍はほとんど並ばない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

現代経済学の直観的方法 [ 長沼 伸一郎 ]
価格:2640円(税込、送料無料) (2020/8/25時点)

楽天で購入

そこで選んだのが、「現代経済学の直感的方法」である。amazonアソシエイツの認証が受けられていないので(始めたばかりだから当分だめかも??想像以上にwordpressが難物で歳を感じるところ)、とりあえず楽天ブックスから書籍のリンクを張っておきます。

この本、朗読時間がなんと14時間8分。全部で9章あって、だいたい1章で1時間強ぐらいの長さ。これが散歩にちょうどいい。いまめちゃくちゃ暑いので、朝の5時に家を出発して1km11分〜12分前後のペースで歩く。マラソンに萌えていた時期、Apple WatchのNIKEのRUNソフトを5年前から使っていて、あまりにつらいので遠ざかっていたのだが、最近復活した。1章が終わる頃には程よく汗を書いて、だいたい7kmぐらいは歩いていることになる。これが難なくできる。

会社にいかなくなるととたんに運動不足になる。だがそのために運動するのはなんとも味気なく、老いを意識させられて嫌悪感をもっていた。その点、読書を兼ねての散歩は最高に楽しい。訊く読書の発見は、画期的というより革命的だった。最近、スマホ依存のせいか読書がおっくうになっていた。おっくうというよりは読み通す根気がもたないのだ。しかしaudibleは軽快に毎日楽しい読書を約束してくれる。読書の悦びを意外にも取り戻すことができた。

なによりこの「現代経済学の直感的方法」がかつて読んだどの経済学やビジネス書よりも、もちろんクルーグマンの本よりも(笑)、おもしろくて没入してしまうのである。同時に大いにショックを受けた。私は大学ではシカゴ学派全盛時代に公共経済学を学んで、仕事で編集者としてビジネス書を何冊か制作している。だが本書によって、マクロ経済学というものを本質的にはわかっていなかったことが、突然、わかってしまったのである。

こんな告白は恥ずかしいが、本書の歴史的変遷を含めた現代経済のメカニズムの噛み砕き方は半端なく、それでいて聞きやすいということは、文章で読んでもわかりやすい平易な表現で、専門用語の代わりに図をつかって絵解きでわからせてくれる(PDFがダウンロードできるようになっている。中抜きのないおそらく完全収録にAmazonのすごみを感じる。日本の出版社ではたちうちできないだろう)。現代経済学の基本を理解するのにこれ一冊しか必要のないという意味で、仮想通貨を含めた最新の状況を理解するためにもトップレベルという意味で、こんなすてきな、すごい本と出会えたのがうれしいのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。